とかいなか食堂の思い

一品一野菜

基本的に、とかいなか食堂では、
一つの料理に対して、一つの野菜を使っています。

正直、ちょっと地味。



でも、これには理由があって、

それぞれの野菜の味、おいしさがわかるからなのです。

野菜って、そのものの味を主張する存在ではあまりないし

ほかの素材と仲良くできるので、

そのものの味をあえて、感じる機会って意外と少ないのではないでしょうか。

また、同じジャガイモやダイコンであっても
季節や産地、栽培方法はもちろんその年の出来や農家さんなどによっても、味が変わります。

頭では理解できても
それを、体感する機会は実は少ないと思います。

だから、とかいなか食堂では、
ちょっとお野菜に思いを向けてもらえればなぁと思います。

もう一つ、お料理のヒミツ(笑)
とかいなか食堂の、お野菜の切り方、でかくないですか?

あれは、お野菜でも、がっつり食べた!という食べ応えを意識して作っているそうですよ。

とかいなか食堂の思い

とかいなか食堂 1年を振り返って

とかいなか食堂 1年を振り返って                中西 和之

とかいなか食堂も8月8日で1年が経ちます。 この1年でとかいなか食堂もアップデートしてきたので振り返ってみたいと思います。

始めの企画段階でのコンセプトはサラリーマンなどの独身の方達に夜にしっかりとした食べ物を食べさせる所を作りたい(お母さんの味)でした。

理由としてはサラリーマンやOLさんが毎日忙しく働いていて帰宅した時間にはコンビニか牛丼屋さんしかやっていないという選択肢の少ない中で、何も考えないで食べる食事を改善させ、食べる物の大事さを改めて感じ、考えて頂きたいと思っていました。

この時点では規格外野菜や廃棄野菜などを使用することは決めてませんでした。

現実にランチをオープンするにあたり農家さんと繋がり廃棄野菜や規格外野菜の事を知り、この野菜達を循環させる事が出来たら農家さんも食べる側もどちらも良いのではと思い、廃棄野菜や規格外野菜などを使った500円食べ放題のランチをスタートさせました。

始めは順調に想いを伝え続ける事ができお客さんも農家さんや廃棄野菜の事などを理解してくれていましたし驚かれていました。

しかし時間が経つにつれて私自身にも廃棄野菜や規格外野菜などに疑問が生じてきました。

その疑問とは、廃棄野菜や規格外野菜だけに焦点を当てていてはいけないのでは? 農家さん達は廃棄野菜や規格外野菜をどうしたいのか?

規格外野菜や廃棄野菜を集めても私達都会側にはメリットがあるが田舎側は本当に喜んでいるのか?

田舎側の本当の悩みは何なのか?などなどの疑問が沸いて来ました。

結局は私自身都会側に居て都会の悩みや闇は見えていましたが、田舎側に買い出しで週一で行ってはいましたが、真の部分は当たり前ですが見えませんでした。

その疑問を解消する事が少しでもできるならばと思って私自身も田舎に移住する事を決めました。

移住して農家さんと接する機会も増えたしいろいろ話す機会や農家さんのお手伝いをしているうちに私なりに何かを感じる事ができました。

先程の自分自身の疑問にも何となくですが答えがでてきました。

廃棄野菜や規格外野菜だけに焦点を当てていてはいけないのでは?

廃棄野菜や規格外野菜だけに焦点を当ててしまうと正規品が売れなくなる恐れがあるのでバランスを考えなくてはいけないと思います。

それと、例えば人間の数は決まっていて食べる量も決まっています。この人間の食べる量をコップに例えます。

このコップに対して野菜を作りますが

作り過ぎたり、売れなかったり、形が悪かったりでコップから溢れた物が廃棄されます。

私達が廃棄野菜だけを集めてこのコップに戻しても逆側から必ず溢れます。コップの大きさは決まってますから。ならば、廃棄野菜だけに焦点をあてる事より国産野菜を沢山食べましょう!野菜だけで一食になります!を訴える方が結果的に廃棄野菜が無くなる方向性に行くのではないか、コップの中を国産野菜を沢山食べるにすれば溢れるのは輸入食材や加工品が溢れてくると思っています。なので廃棄野菜や規格外野菜だけを拾い上げることはあまり意味がない気がします

もちろん、基本は規格外や廃棄も野菜なので他の野菜と同様に循環させることがとかいなか食堂では重要です。

農家さん達は廃棄野菜や規格外野菜をどうしたいのか?

 各々の農家さんで違う意見があります。そもそも規格外野菜なんて出ない農家さんや廃棄野菜を畑に返せばお金にならないが土には良いとかいろいろな意見があるので地道に各々の農家さんとの対話が必要。

規格外野菜や廃棄野菜を集めても私達都会側にはメリットがあるが田舎側は本当に喜んでいるのか?

田舎側の本当の悩みとは何なのか?   これは本当に分からないところがあります。

廃棄野菜や規格外野菜をお金に変えることができるならば結果的に良いとは思いますが

、しかしお金とは1番簡単なツールである事は間違いありません。

私が思うにこれは時間がかかる事だし1番大事なのは農家さんの現場を見て感じて一緒に考えて寄り添って行き、お互いの幸せを共有することだと考えています。

これらの事を踏まえて私なりの結論としてこれからやらなくてはいけない大事なこととは、私達消費者意識を変える事が最大の目的です。

消費者意識とはどういうことか?

私達消費者は農業の現状について何も知りません。野菜は誰かが作ってくれています。誰が、何処で、どんな風に

そしてどんな想いで、作っているのか何て関係なく食べてます。自分の体を作ってくれる大事な物なのに、

心も満たす大事な物なのに、何も考えないで食べてます。

この農業に対して他人事のような意識を改善しなくては、私達の食の未来は描けないと思っています。

私達が今食べている全ての食事について考えなさいではないのです、1日の食事のうちの、一食分の一品の一種類の野菜について真剣に考えてくれたら必ず何かが変わります。

消費者としたら関係ない事なのかもしれないのですが、この消費者の他人事意識は農業の現場をも脅かす程のパワーがあるのです。なのでほんの少しだけでも良いので自分の身体を作る食事について考えたらくれたら、私達の食の根底にある農家さんについても考えることに結びつくと思っています。

この全てにおいて他人事意識はこれからの日本社会を作る上で改善するべき難題だと感じています。

この難題を食という観点から1ミリずつでも変える事ができると私は思っていますし変えなくてはならないと思います。

貴方の為に汗水流して日々葛藤されている方達が必ず居ます。

1日で野菜達は育ちません!

そんな大切に育てた野菜達を私達消費者に合わせたくだらない規格なんて本当はいらないのです。全て口にする事ができる野菜だから。

貴方のお子さんのそのまたお子さん達の未来の為に私たちが今やらないといけない事は、農業や食について真剣に皆んなで考えて未来を創造することが大事だと思います。

とかいなか食堂の思い, とかいなか食堂の毎日, 未分類

とかいなか新聞アーカイブ

とかいなか食堂でお配りしているとかいなか新聞のアーカイブです。PDFでダウンロードされます。
営業日やイベント等のご案内、とかいなか食堂の今、などお知らせしています。

イベント, とかいなか食堂の思い, 未分類

とかいなかお手伝い隊が行く!活動報告6月27日

曇り空、風が時折強く吹くなか、

お手伝い隊行ってまいりました!

この日 は草むしりデイ‼️イエイ

無農薬農家さんには、草刈りは切っても切れない作業なのかなと思いますが、

一般的には、マルチって言って、雑草が生えないように作物の周りの土の上にビニールをかけます。

でも、マリポ農園さんでは、分解しないビニールを使わないチャレンジを今年スタートさせたのです。

ヤーコン周りの草が、見事にボウボウ(汗)

でも、ヤーコンも負けずに伸びているものも多く、頼もしい!

ヤーコン周りの雑草を抜いていきます。草刈りではなく、根本から抜くのです。

ヤーコンの根っこちも雑草の根っこがかなり絡みついて、ヤーコンを傷つけないように、慎重にやっていきます。

ヤーコンは根っこが太くなって、食べることが出来るので、根っこはとっても大事!

雑草を抜いたら、ヤーコンも一緒に抜けてしまったりする時もあります。

そんな時は、頑張ってくれ!って声をかけてあげると、頑張ってくれるんですって。

人も植物も一緒、励ましてもらうと、がんばれる!

ヤーコンの根っこを傷つけないようにと、集中して草むしりしてたら、

ふと、気がつくとニワトリのトリさん(名前)が近くまで来て、エサをついばんでました。

土を掘り返すと、虫やミミズが出て来るんで、それを食べに来たんでしょうが、一人無心に草むしりする私には、気にかけてくれたみたいな感じがして、ちょっとうれしいかった(笑)

いや〜でも、環境を守ることを真剣に考えて行動するって、

すごく地味で大変!

でも、あえてそこにチャレンジするのは、並みの人ではできないと思います。

安全で、環境にも配慮した商品が高いのがよくわかります。

でも、それをブランドイメージとして、使っているものもなきにしもあらずで、

それは、どこで見分けるか?

それは、体験するに限る!(笑)

体験できなければ、

体験した人に聞く

実践してる人に聞く

それが一番かな、と思います。

ぜひ、一度体験に来てください!

そして、安全な食品はみんなの支えが必要だな、ってつくづく思います。

誰かの熱い思いで、私たちの食の安全は守られていて、

その人たちが、疲れてしまっては、そこで終わりになってしまう。

理解されず、価値を認められなくても、きっとその人たちは、もっとずっと遠くまで見て行動してる。

私たちも守られていることを、気がついて、

私たちも、何かの形で支えになれないかな?って思います。

とかいなか食堂の思い, とかいなか食堂の毎日

とかいなか食堂の今 2019/5月

5月のとかいなか食堂は千葉県君津のマリポ農園で行われた出張とかいなか食堂で始まりました。

出張とかいなか食堂やってみて

https://tokainakashokudou.com/2019/05/09/shucchoutokainaka/

出張とかいなか食堂リポート

https://tokainakashokudou.com/2019/05/09/reportatuko/


未来のまちをつくる・ラボとの連携

こちらも今後の展開が楽しみです。

https://tokainakashokudou.com/2019/05/21/183/

そして、このころから、東京の八百屋さんの「かわいそう君」(まだ食べられるのに捨てられてしまうお野菜のこと)の引き受けが本格化して、6月12日現在、3件の八百屋さんからお野菜を引き受けることができています。

特に、直接農家さんとつながっている八百屋さんは、売れ残った野菜を捨てるということがとても心苦しい気持ちになります。
捨てるくらいなら、使ってほしいという気持ち確かに受け取り、
とかいなか食堂でおいしく食べてもらっています。

また、食堂をご利用いただいているお客様から、旅行で行った道の駅で買ってきたお野菜をいただくということもありました。
とかいなか食堂の活動への関心、理解が進んでいることを実感しています。

5月は2回、マリポ農園へのお仕事応援隊に行ってまいりました。
お仕事応援隊は、農家さんとつながるって簡単に言うけど、
本当に理解できてるの?ってところからはじまり

でも、それはそんなに簡単なものではなくて
かえって邪魔してるかもしれなかったけど

とかいなか食堂は、上っ面なことは、あまりしたくなくて
(農家さんからしてみれば、全然上っ面だけど)
筋肉痛になりながらも、農家さんのお仕事体験させてもらいました。
体験したことをもっと伝えていかなくてはと思っています。
今後も続けていきますので、またホームページやフェイスブックで報告します。


少しづつ成長しているとかいなか食堂ですが、
食堂が忙しくなってくるのはとてもいいことなのですが、
なにせ、一人でやっているので、お客さんが増えると、
食器洗いの量が増える→お皿洗いに没頭する→お客さんと触れ合えない→私たちの思いが伝えられない
という問題が今、浮上しています。
食器洗い機をいれようか、お客さんに洗ってもらおうか、

いや、そもそものところまで
いろいろと考えるきっかけになっています。

最後に、とかいなか食堂では、土曜日、日曜日など食堂として営業していない日は農家さんとのイベントをやりたいなと思っています。

中西さん曰く、

「農家さんがイベントをやり自分達で農業の事や自分達の野菜をPRすることが一番消費者に伝わると思っています。これも個人的な意見ですが、現在野菜がおかしくなってしまったのは、消費者と生産者の距離があり過ぎます。ひと昔前ならその距離を縮めていたのは街の八百屋さんが縮めてくれてました。街の八百屋さんの看板が消費者の信頼も農家さんの想いも全て繋げてくれてました。しかし、現在はその場はありません。ならば、とかいなか食堂が農家さんの想いと消費者の想いを繋ぐ場になれば良いと考えています 」


とかいなか食堂はより中立的な立場で、農家さん、消費者とって、なにがよいとか悪いとかじゃない、選択肢を知るきっかけになれるのではないか、と思っています。

とかいなか食堂の思い, とかいなか食堂の毎日

とかいなか食堂の今・2019年4月

とかいなか食堂は規格外の野菜を循環させたり、廃棄野菜を減らしたいと思って活動しています。

しかし、今、とかいなか食堂では規格外の野菜はあまり使われていません。

今は、規格外の野菜、はじかれてしまう野菜、売れ残ってしまってまだ食べられる野菜とのつながりを作っている状態です。

農家さんと繋がり、関係を深め、信頼関係を作ったり
今はそのような段階です。

ある意味、そこからやってるんです。

今は、農家さん、田舎の現状を理解し、体感するために君津に住んで
君津の道の駅で野菜を買って、とかいなか食堂へお野菜を運んでいます。

これからは、農家さんと一緒に作業を行いながら、さらにいい関係を深める段階へと移行しつつあります。

また、都会にもまだ食べられるのに、売るにはちょっと、ということで捨てられていく野菜(野菜だけではありませんが)があります。

そちらへのアクションも始まっています。

とかいなか食堂は、いつも正直でいたいと思っています。

だから、イメージ先行で規格外の野菜を使ってるお店として認知されつつあることに、あまり規格外野菜を使えていないので、戸惑いもあります。

そのイメージを利用したいとも思っていません。


人と人の繋がりと信頼が一番大切だと思っています。

今までもそうだし、これからも。

とかいなか食堂に関する情報、日々の進化過程はホームページに随時アップしていきますので、よかったらご覧ください。

とかいなか食堂のメンバーは楽しいこと大好きでふざけることもありますが
何を見られてもいいようにしていたいと思ってます。

これからもどうぞよろしくおねがいします。





とかいなか食堂の思い

100年続ける食堂にするために

飲食店は何故潰れるのでしょう?そして、直ぐに新しい飲食店が出来るのでしょう?

私は飲食店を経営していて本当に思いますが、まともにやればやるほど儲かりません。

個人の飲食店が何故儲からないのかを話したらきりがありませんが、

個人的な主観ではありますが、国のシステムが上手いこと できていて儲からない仕組みをちゃんと成り立たせていると感じます。

なので、一個人の力だけではどうしようもないしどうし ようも出来ないと8年間やって切に思いました。

どうせ儲からないならば、儲けることをやめればよい。とかいなか食堂の挑戦。

飲食店をオープンした当初は誰もが思うのですが、沢山の人に自分が作った料理を食べてもらい美味しいと思って欲しいからお 店出しました。とか、自分が勉強してきた本場の味を皆んなに食べて美味しいと思ってもらいたい。などの立派な志しでスター トはするものです。

しかしながら実際にスタートして年月が過ぎていくと恐ろしい魔物が知らない内に襲いかかってきて貴方の 立派な志しを食いつぶしてしまいます。

その魔物の正体はお金です。

いつしか、日々の売り上げを気にし出し、月々の支払いに 追われて、そして年間でのしかかってくる税金の支払い。

いつのまにか当初の高い志しが薄れてお金を稼ぐ事自体に必死になっ ていき、休みは無くなり原価を下げ営業時間を長くしたりして全てが悪循環に陥ります。

日々の売り上げが仕事の結果と言う思いが悪循環の入り口になります。

今までの飲食店ならば仕方ない考えなのですが、この考えを改めない限り飲食店の未来は来ませんし、飲食人の未来もありませ ん。

本当はもっと自由な発想で料理を作り、美味しいと言う思いを追求するのが料理人の本来の姿ではあると思います。 とかいなか食堂はお金を目的とした食堂ではありません。

これは、NPOとかではなく私的な思いですが 飲食店としての新しい形なのです。

お金を稼ぐが目的ではない。稼いだお金は皆で分配すれば良い。雇い主、雇われ側、お店側、お客さん全てが対等でフラットな 関係。

お客さんからお金を戴くが、料理を食べた対価としてではなく、私達の想いに賛同した対価としてお金を支払い、私達も 私達の想いやお店側は経費さえ稼げれば後はお金を循環させるだけで良いのです。

この新しい形こそが100年続ける為に大事な第一歩だと思っています。

そこには、自分が誰かの為に何かしみと言うシンプルな想いだけが優先して形になれば良いだけなのです

笑顔を届けたい!

美味しい料理を食べさせたい!

廃棄野菜を循環させたい!

日本の農家さんを何とかしたい!

誰かの為に何かやりたい!

愛着のあるこの土地を何とか後世に残したい!

この各々の想いこそが未来を作る大事な一歩ですし、100年続ける為には大事なエンジンになります。

人類が続く限り絶対になくならない事は人間には想像する力があり、人や物や土地を敬う気持ちも必ずありますし、100年前、 1000年前にも必ずあった事です!なので、100年後

1000年後でも必ずあります! この想いで回す事が出来たなら100年続ける事は出来ます!

今現在、とかいなか食堂は赤字です。経費すら稼げてません。

しかしながら、この各々の想いだけでお店は回りだしています!奇跡なのです。

この活動を永遠に続ける為にももっともっと皆さんの想いが本当に必要です!

自分の為や家族の為に何かしたいと想うのは当たり前ですが、今の時代に必要とされているのはちょっとだけ広い視点で物事を 捉えて困っている人、場所、事について考えて行動することが絶対に必要ですし、求められています!

お金と言うくだらない物で貴方の大切な気持ちの価値は計れません。

人間はもっともっともっと自由なのです!

いつからかお金と言う物の中でしか判 断や価値を見出せなくなり、お金で計れない事に対しては蔑ろにされ続ける時代は もう終わりにしませんか?

中西 和之

とかいなか食堂の思い

100年続ける食堂

100年続ける食堂(サステナビリティ)

始めは

都会と田舎を本気で繋ぐ と言うタイトルがとかいなか食堂には付いていましたが、

いざ繋がり始めて田舎の農家さん達と話し ていく上で凄く大事なワードは繋がりを持続していくと言う事です。

田舎側の人達は当たり前のように農業と言う生業を持続してきてくれている方達が沢山います。

この持続してきてくれた方達は当たり前のように自分達の土地の環境をも一緒に守ってきてくれてました

綺麗な里山やいつ、 誰か、作って、何処からきているのかさえを分からない井戸水やなりより畑を耕す事など本当に自然と寄り添いながら暮らしい て自分達の土地を愛して守っていてくれてました。100年,200年も守り続けてくれてました。

誰から指示される訳でもなく、そ こに対価がある訳でもなくです。

しかしこの先この大事な 農業が持続出来なくなる可能性が高くなっています。

人手の問題や生業としての農業の意味など各々 の農家さんには各々の悩みがあり、ひと昔前なら決められた選択肢しかなくやるしか無かったのですが、今は選択肢が複数ある のであえて厳しく稼ぎが少ない所へはいかなくなるのも分かります。

しかし、私が思うこれから先の未来の田舎の在り方として各々の悩みを各々で抱えるのではなく、関わっている人達皆んなで話 し合いで解決する事が出来るようにしなくてはいけないと思います。

極端な話しですがお金と言う物が必要なら皆んなで平等に お金が渡るシステムを考えて作れば良いと思っています。

一人で溜め込まずにただ単に循環させれば良いのです。

農家さんから出るB級やC級と言われる野菜や廃棄される野菜達も循環出来るシステムを構築して(それが、とかいなか食堂です) 廃棄以外の違う選択肢を増やす事で農家さんに少しでも継続的にお金が入るシステムが必要だと思っています。

私が思うに私達がこの農家さん達と繋がった以上は農家さん達と共に歩んでいき共に農業の未来やその土地の想いを真剣に考え てお互いが前に進む事が凄く大事なのです。

これは、日本の未来や地球と言う星の未来でもあるのです!

だからこそ、私達とかいなか食堂は100年いや1000年、人類の歴史が続く限り、地球が輝く為に、日本が日本らしくある為 に、続ける必要があると真剣に思っています。

中西 和之