とかいなか食堂の思い, とかいなか食堂の毎日, 未分類

とかいなか新聞アーカイブ

とかいなか食堂でお配りしているとかいなか新聞のアーカイブです。PDFでダウンロードされます。
営業日やイベント等のご案内、とかいなか食堂の今、などお知らせしています。

とかいなか食堂の思い, とかいなか食堂の毎日

とかいなか食堂の今 2019/5月

5月のとかいなか食堂は千葉県君津のマリポ農園で行われた出張とかいなか食堂で始まりました。

出張とかいなか食堂やってみて

https://tokainakashokudou.com/2019/05/09/shucchoutokainaka/

出張とかいなか食堂リポート

https://tokainakashokudou.com/2019/05/09/reportatuko/


未来のまちをつくる・ラボとの連携

こちらも今後の展開が楽しみです。

https://tokainakashokudou.com/2019/05/21/183/

そして、このころから、東京の八百屋さんの「かわいそう君」(まだ食べられるのに捨てられてしまうお野菜のこと)の引き受けが本格化して、6月12日現在、3件の八百屋さんからお野菜を引き受けることができています。

特に、直接農家さんとつながっている八百屋さんは、売れ残った野菜を捨てるということがとても心苦しい気持ちになります。
捨てるくらいなら、使ってほしいという気持ち確かに受け取り、
とかいなか食堂でおいしく食べてもらっています。

また、食堂をご利用いただいているお客様から、旅行で行った道の駅で買ってきたお野菜をいただくということもありました。
とかいなか食堂の活動への関心、理解が進んでいることを実感しています。

5月は2回、マリポ農園へのお仕事応援隊に行ってまいりました。
お仕事応援隊は、農家さんとつながるって簡単に言うけど、
本当に理解できてるの?ってところからはじまり

でも、それはそんなに簡単なものではなくて
かえって邪魔してるかもしれなかったけど

とかいなか食堂は、上っ面なことは、あまりしたくなくて
(農家さんからしてみれば、全然上っ面だけど)
筋肉痛になりながらも、農家さんのお仕事体験させてもらいました。
体験したことをもっと伝えていかなくてはと思っています。
今後も続けていきますので、またホームページやフェイスブックで報告します。


少しづつ成長しているとかいなか食堂ですが、
食堂が忙しくなってくるのはとてもいいことなのですが、
なにせ、一人でやっているので、お客さんが増えると、
食器洗いの量が増える→お皿洗いに没頭する→お客さんと触れ合えない→私たちの思いが伝えられない
という問題が今、浮上しています。
食器洗い機をいれようか、お客さんに洗ってもらおうか、

いや、そもそものところまで
いろいろと考えるきっかけになっています。

最後に、とかいなか食堂では、土曜日、日曜日など食堂として営業していない日は農家さんとのイベントをやりたいなと思っています。

中西さん曰く、

「農家さんがイベントをやり自分達で農業の事や自分達の野菜をPRすることが一番消費者に伝わると思っています。これも個人的な意見ですが、現在野菜がおかしくなってしまったのは、消費者と生産者の距離があり過ぎます。ひと昔前ならその距離を縮めていたのは街の八百屋さんが縮めてくれてました。街の八百屋さんの看板が消費者の信頼も農家さんの想いも全て繋げてくれてました。しかし、現在はその場はありません。ならば、とかいなか食堂が農家さんの想いと消費者の想いを繋ぐ場になれば良いと考えています 」


とかいなか食堂はより中立的な立場で、農家さん、消費者とって、なにがよいとか悪いとかじゃない、選択肢を知るきっかけになれるのではないか、と思っています。

とかいなか食堂の毎日, 新たなつながり

未来のまちをつくる・ラボとの連携

とかいなか祭を取材してくれた、品川ケーブルテレビの方から紹介いただき、
大井町にできた慶応義塾の「未来のまちをつくる・ラボ」で「とかいなか食堂」の活動を紹介していただきました。
ラボの大家さんであり、慶應義塾OBでもある「かんべ土地建物」の神戸社長にもベントエマーレに来店いただきました。
https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/ja/lab/cast/

お互いの活動や思いを紹介し、
大いにお互いにコラボできる可能性も感じ、
今後の広がりを感じるような会合となりました。

とかいなかメンバーからも、

共通する方向性もあり、いろんな形で活動を始めている人がいることを具体的に知りました。
情報交換していって、お互い助け合えることがあれば、力強く、素晴らしいことだと思いました。(あつ子さん)

生産者から、消費者までのトータルでの食の流れを考える、という部分では共通しているのかな、と思いました。
また、食のシーンとして、孤食の問題やゆったりとした食の豊かさの部分も残したいという部分でも一致しているのかなと、おもいました。

具体的にどのような形で協力し合えるか、模索できればいいなと思います。

特にシェアキッチンについては特に協力できる部分ですが

また、逆に場所さえあれば、とかいなか食堂はどこでもできるな、という気にもなったミーティングとなりました。

また、追加で感想や進展がありましたら、ホームページでもお知らせします。

とかいなか食堂の思い, とかいなか食堂の毎日

とかいなか食堂の今・2019年4月

とかいなか食堂は規格外の野菜を循環させたり、廃棄野菜を減らしたいと思って活動しています。

しかし、今、とかいなか食堂では規格外の野菜はあまり使われていません。

今は、規格外の野菜、はじかれてしまう野菜、売れ残ってしまってまだ食べられる野菜とのつながりを作っている状態です。

農家さんと繋がり、関係を深め、信頼関係を作ったり
今はそのような段階です。

ある意味、そこからやってるんです。

今は、農家さん、田舎の現状を理解し、体感するために君津に住んで
君津の道の駅で野菜を買って、とかいなか食堂へお野菜を運んでいます。

これからは、農家さんと一緒に作業を行いながら、さらにいい関係を深める段階へと移行しつつあります。

また、都会にもまだ食べられるのに、売るにはちょっと、ということで捨てられていく野菜(野菜だけではありませんが)があります。

そちらへのアクションも始まっています。

とかいなか食堂は、いつも正直でいたいと思っています。

だから、イメージ先行で規格外の野菜を使ってるお店として認知されつつあることに、あまり規格外野菜を使えていないので、戸惑いもあります。

そのイメージを利用したいとも思っていません。


人と人の繋がりと信頼が一番大切だと思っています。

今までもそうだし、これからも。

とかいなか食堂に関する情報、日々の進化過程はホームページに随時アップしていきますので、よかったらご覧ください。

とかいなか食堂のメンバーは楽しいこと大好きでふざけることもありますが
何を見られてもいいようにしていたいと思ってます。

これからもどうぞよろしくおねがいします。





とかいなか食堂の毎日

カレーの日&会津酒造さんの日

火曜日はカレーの日ですが、本日は会津酒造さんからいただいた酒粕の入ったカレーと、これまた会津酒造さんからいただいた奈良漬。酒粕とカレー、合うのか?と思いましたが、意外にも好評で、何杯もお替りするお客様続出。1時半ごろにはカレーがなくなり、営業終了となりました。
h

会津酒造さんのホームページhttp://www.kinmon.aizu.or.jp/

酒粕入りのカレー、大人気
会津酒造さんの奈良漬。
とかいなか食堂の毎日

とかいなか食堂に春が来た!

食材が春らしくなってきましたね。たけのこ、菜花、春のお野菜が並び始めました。とかいなか食堂では、季節に取れるお野菜に合わせてお料理しますので、特に決まったメニューはありません。日によっても変わりますし、同じ野菜が毎日出るということもあります。自然は私たちにはコントロールできないものですから、できたお野菜を余すことなくいただきたいですね。