イベント

とかいなか祭り夏!開催しました

とかいなか食堂オープンしてから、2回目のとかいなか祭り。

今回は、千葉の白子町から、無農薬のタマネギを作っている、玉ねぎおじさんこと、酒巻良行さんにお越しいただき、

お客様と農家さんがふれあい、お話ができる一日になりました。

スタートはのんびりで、お客さんが来ない間、

みんなで早めのランチタイム

徐々にお客さんが入り始めると、タマネギおじさんの本領発揮です。

たまねぎ、おいしいですか?って積極的に声をかけてくださり
お客さんと積極的にお話されていました。

酒巻さんのお話は多岐にわたり、農業の話から、健康、体、細胞、発酵、きのこ菌、病気などなど、

お話が尽きることはありません。

お話の根底には、皆さんが健康で、幸せに、こころ豊かに生きるためにはどうしたらいいか、というのをいつも考えておられるんだろうな、って思いました。

酒巻さんが話をしている間は、一緒に来てくれたお友達のこさかさんが、タマネギやオニオンチップの販売を熱心にされています。

酒巻さんのタマネギは本当においしいです。
とかいなか食堂でも、酒巻さんのタマネギ使っています。一番になくなってしまったので、この日は追加で作りました。

農法から、なぜこのタマネギは小さいのか、なぜおいしいのか、
そして、酒巻さんの思いまでも完璧にお客さんのお伝えして、タマネギやオニオンチップスが売れると喜ぶ姿がとても印象的でした。

それって、酒巻さんの人柄だと思うんです。

この人を応援したい、この人の思いを伝えたい、
酒巻さんが農業にたいして、地域に対して、みんなが幸せになるにはどうしたらいいか?をいつも考え、決してぶれることなく、
そして、いつも周りを明るく照らす存在であるからこそ、

応援したい人が集まり、
本気で応援してくれるんですよね。

私はそちらに感動してしまいました。

すみません、少し話題がそれてしまいました(笑)

でも、無農薬でやられている農家さんは、そういう思いがある人がほとんどで、
それをみんなに、わかってもらっている人は、逆に少なくて、

たぶん、酒巻さんのように表現できる農家さんは少なくて、
なので、なかなかその人や農作物の良さというか、その農家さんがどんなひとなのか伝わってない。(当たり前だけど)

無農薬農家、ってひとくくりになっちゃているのかな、って思います。

なので、とかいなか食堂は、そんな思いのある農家さんをフューチャーする役割もあるのかな、って思いますので、今後もこのような形で、農家さんを紹介して、触れ合って、お話できる場を作っていきたいな、と思います。

今回はお祭りらしく、冷やしキュウリやビール、ラムネなど
お楽しみもあり、

また、以前来てくれた福島の佐倉ファーマーズさんのお野菜や果物の販売やとかいなか食堂のメンバー、ミルズハットさんの帽子の販売や、食堂メンバーの藤さんの塩こうじの販売など、にぎやかな感じで

お客さん同士も、気軽にお話できて、とても和やかな雰囲気の中、開催できました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

次回、とかいなか祭り秋はあるのか?まだわかりませんが、

これからも、また楽しい企画を考えていきたいと思います。

酒巻農園のフェイスブックページにいいね!をお願いします。

https://www.facebook.com/酒巻農園-678491528993560/
https://www.facebook.com/酒巻農園-678491528993560/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です