イベント, 未分類

出張!とかいなか食堂レポート 

林 あつ子

君津の出張とかいなか食堂は、お天気が悪かったので、イベントの参加者は少なかったので、食堂のお客様もそれなりでした。

でも、23~24人でしたので、不動前の平均かと思います。
連休のせいもあったのか?近辺の人より、東京から遊びに来ていて立ち寄った人も多く、品川でやっているとお話しすると、品川にも行ってみたい、という声を聞きました。



パンフレットをほぼ全員に渡して説明すると、よく聞いてくれました。

みなさん、食堂の主旨には関心を持って頂きました。
500円という安さにまずビックリして、
たくさんの種類の野菜を美味しく食べられる事に喜び、感激していました。

君津の田舎でやっても、農家の人達は、たとえ500円でもお金払ってまで食べに来ないと思う!
という意見もありました。

家賃は安い、野菜は運搬費もあまりかからないかもしれませんし、スタッフは都会より、料理や店番として 働ける人がいると思うので

共働きや、独身者が多い町中とか、道の駅やスーパーなど人が集まる場所を選べば、君津でもとかいなか食堂やってもいいのかなと思いました。

しかし、いま不動前のとかいなか食堂では、規格外の野菜、食べられるのに廃棄されてしまう野菜をたくさん仕入れるというのが第一の課題ですので、まずは、そのような野菜がどこの集積所や農家さんの何処にあって、どうしたら譲ってもらえるか?の調査が先決かと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です